妊活中に花粉症の薬は大丈夫ですか?

この季節非常に多くいただく質問の一つです。

FDA薬剤胎児危険度分類基準FDA Pregnancy Category)についてご説明させていただきます。
薬剤の胎児に対する薬の危険度示す基準として、FDA薬剤胎児危険度分類基準がよく用いられます。A、B、C、D、Xの5段階のカテゴリーからなり、Aはほぼ安全からXの絶対禁忌まで危険度に順じた分類がされています。一部の薬は、妊娠時期や服用期間、あるいは服用量によって、別々に危険度が割り付けられます。治療上の有益性が考慮されている点、また処方に際しての評価基準であり、服用後の対応を示すものではありません。妊娠初期に関しては催奇形性期(415週程度)と呼ばれ、特に注意が必要です。

多くの薬剤がカテゴリーCに分類されます。これは、動物生殖試験では胎仔に催奇形性、胎仔毒性、その他の有害作用があることが証明されており、ヒトでの対照試験が実施されていないもの。あるいは、ヒト、動物ともに試験は実施されていないもの。注意が必要であるが投薬のベネフィットがリスクを上回る可能性はある。となっております。

催奇形性を気にされるようであれば、避けるほうが無難かもしれません。投薬が避けられる薬であれば、内服の是非は最終的には自己判断となります。

カテゴリーCに関しては、排卵前であれば、基本的に問題ないのではないかと考えます。

投薬の是非はかかりつけの医師とご相談ください。

※花粉症の薬は多くがカテゴリーCとなります。

カテゴリーC:アレグラ アレジオン ザジテン  カテゴリーB:ポララミン

カテゴリー INTERPRETATION
A CONTROLLED STUDIES SHOW NO RISK
ヒト対照試験で、危険性がみいだされない
B NO EVIDENCE OF RISK IN HUMANS
人での危険性の証拠はない
C RISK CANNOT BE RULED OUT
危険性を否定することができない
D POSITIVE EVIDENCE OF RISK
危険性を示す確かな証拠がある
X CONTRAINDICATED IN PREGNANCY
妊娠中は禁忌

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

お問い合わせ
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-41-7 池袋東口ビル7F
Tel 03-6907-2555 / FAX 03-6907-3555
※ 初診など外来診療は全てリプロダクションオフィスで行います

診療案内 Clinical info

More

初診の方
8:15〜12:00 ※1 ×
14:30〜18:00 × ※2 ×
※1 / 8:15〜11:00 ※2 / 13:45~15:30
再診の方
8:15〜12:30 ※1 ※3
14:30〜18:30 × ※2 ×
※1 / 8:15〜11:30 ※2 / 13:45~16:00
※3 日曜・祝日の診察・処置は松本レディースクリニックにて完全予約制で行います。

ネットから予約も可能です、直接のご来院でも可能です。
ただし、日曜祝日は予約制です。お問い合わせください。

区検診:区検診は当院では受け付けておりません。

初診の流れなどの詳細はこちらからご確認ください。

#松本レディースクリニック #松本レディースリプロダクションオフィス #松本レディース #不妊 #不妊治療 #妊活 #妊活スタート #ベビ待ち #池袋 #不妊クリニック #松本玲央奈 @松本レディースクリニック #花粉症

コメントを残す

CAPTCHA


ドクターQ&Aの関連記事
ピックアップ記事